大型建築においては設計が重要

男女

これからビルを建てるのであれば、図面の段階で省エネ設計をしっかりと組み込み、ランニングコストの少ない建物にしていかなければいけません。小さな建物であればそこまで気にする必要はありませんが、大型建築であるビルの場合は消費するエネルギーは非常に大きくなります。地元の自治体としても無視できない電力消費となり、ここでしっかりと設計を考えていかなければ地域で信頼される建物になりません。こういった設計において省エネルギーを考慮したものにするには、専門家に依頼しなければいけませんが、その際にはそれなりの費用をかけましょう。安く済ませようとすると非常に大雑把な設計となり、一部のフロアを使うだけで全体の空調を動かすようなビルになります。照明も実務を考慮したものにしなければかなり暗くなり、間接照明を別に設置し、結果的にコストがかさむことになるでしょう。見積もりをできるだけ低く抑えたくなるのは当然ですが、ある程度評判のいいところを選び、必要な機能を備えたビルにしてもらう必要があります。オフィスビルは自社で所有するのでなければフロアごとに異なる企業が入り、それぞれあまり干渉しないで仕事をすることになるでしょう。当然お互いに建物の消費を考慮することはないので、建物そのものに省エネ設計をしていかなければエネルギー消費は抑えることはできません。

光熱費の削減をしていくメリット

男性

ビルの省エネ設計を適切に行えば年間に消費するエネルギーコストを低くし、結果的に建物の経営は黒字にすることが容易となります。しかし、初心者はそういったメリットばかりに気をとられてしまい、建物の利用者に対するあれこれをおろそかにしてしまう傾向があるので注意です。空調設備は全体を一括で管理すると効率が良く、光熱費を抑えられますが、ビル全体を常に使うのでなければかえって非効率となります。暖房などを使う際にあまり断熱性を重視してしまうと空気のめぐりが悪くなり、風邪やインフルエンザが流行る原因にもなるでしょう。そういった利用者と実際のビルの運用を考慮して設計していかなければ、建物の利用者は増えず、利益を出すことは難しくなります。地域の自治体によってはこういった省エネ設計に補助金を出すこともあり、それに伴ってその地域で信頼されている設計会社があるので探してみましょう。省エネを重視することは地域の発電所の負担を減らすことにもつながるため、様々な分野から注目されています。そのためこういった面を軽視する企業に対して厳しい目を向けられることもあるので、まずは建てる地域の自治体に問い合わせをしてみるといいでしょう。

ビル

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中